アパレル資材商社のオークラ商事のベトナム人社員。トレンド、展示会、DIY、文化、ファッション愛好家向きのブログを提供しています。
2020/11/26

蓮糸:豪華でありながらサスティナブル - ハイファッション界の新しいトレンド。

トレンド
サスティナブル
シルク
このブログポストをシェアする

こんにちは、またJaneです。今回は、世界で最も希少で豪華な生地の蓮シルクについてお話ししましょう。


 蓮の生地は天然マイクロファイバーで、環境に優しい生地、独特の特性を持っています。蓮の生地感はシルクとリネンのクロスのようなものです。とても柔らかく通気性があります。ただし、シルクやリネンとは異なり、しわになりにくいです。また、汚れに強く、植物の水生生息地により、防水性があり、濡れると速乾性があります。夏は涼しく、冬は暖かく、蓮の生地は一年中着用できます。




 蓮の生地は、カンボジア、ミャンマー、そして最近ではベトナムで小規模にしか生産されていません。この天然繊維は、世界中の数人の熟練した職人によってのみ作れています。しかし、この「蓮シルク」を作るのは簡単ではありません。 1枚のスカーフに十分な蓮のシルクを抽出するには2か月かかり、最終製品の費用は通常のシルクの10倍になります。




 蓮のシルクの各糸は蓮の花の茎から抽出します。茎を手で選んで摘むと、中のシルクを抽出することができます。各茎にはごくわずかな量の細い粘着性の繊維が含まれており、それらを一緒に丸めて乾燥させる必要があります。大きなスカーフは約9,200本の茎の糸が必要で、1人で約2か月かかります。




 蓮の糸はまだ濡れている間に24時間以内に処理する必要があります。そうでなければ、蓮の糸は壊れます。そのため、収穫は毎日行う必要があります。そして、ハスは4月から10月の間にしか収穫できません。これらの繊維を抽出するという大変な作業を終えると、それらも非常に繊細になります。乾いたら、繊細に手で巻き上げて、機に入れられます。 


蓮の繊維は壊れやすいですが、一度織ると、普通のシルクと同じくらい耐久性があります。ところが、25センチのスカーフが2万円で売れて、大変にも価値があります。最終製品は他の繊維とは異なります。シルクのように柔らかく、リネンのように通気性があり、やや伸縮性があります。


 そちらの贅沢な特徴は、珍しいお土産を探している観光客に人気があります。また、最近、新しい高級繊維を探している国際的なファッションブランドにも取り上げられています。しかし、蓮の糸の製造について訓練を受けた人はまだほとんどいないため、規模は限られています。 



ハスシルクのお手入れ方法

 多くの洗浄は不要。 

風乾の好み。

 冷水で手洗い。

 マイルドな石鹸を一滴だけ使用。 

浸したままはNG。 

絞りはNG。 

平らな位置で乾かします。 

乾燥時には直射日光を避け。

 シルクモードでアイロンを使用し、まだ湿っている中にかける。 

皆さん、どうと思いますか? 最後までお読みいただき、ありがとうございました!この投稿を共有して、サポートしてくればとても嬉しいです! 

ApparelXで色々なサスティナブル商品が販売中ので興味を持っている方はぜひご覧下さい:

ApparelX サスティナブル 

ApparelXシルク 

     


1人の方がこのレビューが参考になったとレポートしました
月別
プロフィール
ベトナムから参りましたJaneと申します。
ファッション、化粧、日本文化が大好きです。
今回外国人としての社会人の生活を皆さんと共有しています。
本ページはApparelXブログ™の機能によって公開されています。