ApparelXに掲載されている商品情報やトレンド情報を発信しています。
2020/5/18

夏を快適に過ごす素材特集② COOLMAX® クールマックス®

商品情報
このブログポストをシェアする



こんにちは。

前回に引き続き、夏を快適に過ごすための機能素材をご紹介致します。

今回はクールマックス®です。

クールマックス®とは

1986年にデュポン社社が開発し、現在は中国の山東如意科技集団が買収したライクラ社が保有している機能性素材です。

クールマックス®はメンズ衣料では、結構古くからその下げ札を目にしていた様に思いますが、四半世紀以上もの歴史があるとは知りませんでした。

最大の特徴は毛細管現象

最大の特徴は繊維の断面です。糸断面が特殊な形(溝のある形)になっています。

この様な断面形状により毛細管現象を引き起こします。

毛細管現象とは、ごく細い管を液体中に立てると、管内の液面が管外の液面より高く(低く)なる現象の事です。


科学的な話になってきましたが、、、つまり、クールマックス®繊維の細かい溝が毛細管の役割を果たし、肌から汗を効率的に吸い取ってくれるという事です。


そして、吸い取られた汗は、生地表面で蒸発します。

クールマックス®は、この汗の蒸発の際の気化熱と優れた通気性のより、生地内側を涼しく保ちます。


特殊な繊維断面→毛細管現象により汗を素早く吸収。→優れた通気性により素早く汗を蒸散。→蒸散の際に気化熱で生地上面温度が低下→通気性が良いので、温度が低下した生地表面を通過してくる風が気持ち良い、という事のようです。


優れたイージケア性

クールマックス®の大きな特徴は、その優れたケア性です。

まず、吸湿速乾性という洗濯物が早く乾くという、デイリーケアに嬉しい機能はもちろん、あて布を使用したアイロンがけも可能です。また、生地安定性にも優れています。

生地安定性というのは、簡単にいえばシワになりやすいかどうかという事です。

この様に見ると、スポーツウェアから始まりメンズのビジネス衣料に良く使われるようになったのも納得です。

※お手入れに関しては、生地の混紡によっても変わってきます。


商品紹介

次にApprarelXに掲載しているクールマックス®生地をいくつかご紹介致します。


12770 コットンブレンドモックロディ(クールマックス®ファブリック)


ライクラT400®ファイバーを使用した、優れた吸水速乾性を持つクールマックス®ファブリック。ハイゲージできれいな表面のやや中肉厚のニット素材。適度なハリ感とコシがある風合いが特徴です。 


 12828 コットン/ポリエステルポンチ(クールマックスファブリック)


ライクラT400ファイバーを使用したクールマックスファブリック。吸水速乾性に優れた高機能ファブリックで、ドライで快適な着心地を提供。さらに、自然な風合いで装いをスタイリッシュに演出します。フィット性があり、中肉厚で適度なハリコシのある、しなやかな風合いに仕上げました。


22131 80/2バイオウェザー(クールマックス®ファブリック)


ヨコ糸にライクラT400ファイバーを使用した、クールマックスファブリック。吸水速乾性、UVカット、透け防止効果、伸縮性・伸張回復率に優れた機能性豊かな素材です。タテ糸にコットン80/2を私用している為、染め分けによるシャンブレー表現もでき、高密度でクリアな表面感が特徴です。


909 クールマックス サッカー


サラリとした感触で肌触りが良く、涼しくて快適な着心地。夏に適した素材です。


まとめ

如何だったでしょうか。

クールマックスの吸水速乾性は、蒸れやすいマスク内部を快適にしてくれる効果を期待できるだけではなく、洗濯でも早く乾きやすいので洗って繰り返し使う布マスクの素材としてもイージーケア性に優れているといえます。

色々な用途に期待できるクールマックス®素材。

ぜひご検討下さい。

0人の方がこのレビューが参考になったとレポートしました
プロフィール
生地や副資材のトレンド情報を収集し、みなさまにお届けいたします。
本ページはApparelXブログ™の機能によって公開されています。