ApparelXに掲載されている商品情報やトレンド情報を発信しています。
2021/1/26

国産帆布の雄 富士金梅®

商品情報
このブログポストをシェアする

こんにちは。ApparelX事業部のカヤバです。

本日は、国産帆布の富士金梅®に関してご紹介いたします。

富士金梅®とは

川島商事の日本製帆布ブランドです。

川島商事は、元々水産資材の専門商社として創立された会社で、現在では繊維総合商社としてテキスタイル事業を展開しています。

富士金梅®は日本製帆布ブランドの雄として、1948年会社設立以来「JAPAN MADE」にこだわりながら伝統を守り安定した素材と品質を提供してきました。
現在では長年綿帆布で培ったJAPANクオリティーを大切にしながら、日本国内のみならず世界中より厳選した素材を集め、素材の枠を超えたテキスタイルを『Made by 富士金梅®』として生産しております。
富士金梅®は自然との絆を大事にこれからも皆様に喜ばれるテキスタイルを提供して参ります。
引用元ー https://fujikinbai.com/about/


富士金梅のここがすごい

富士金梅の日本製帆布は、シャトル織機で織られています。

シャトル織機は力があり、帆布を織るのに適した織機です。また耳付きなので糸のほつれが無く、ふっくらとしたボリューム感のある風合いに仕上がります。

反面、シャトルレス織機に比べ、職人の手作業が必要な部分が多く生産効率に欠けるため、世界の多くの工場では生産性の高いシャトルレス織機が使用されています。

話は変わりますが、メンズの服地でもシャトル織機を使用した生地は、その自然な風合いからこだわりを持たれたテーラーの方などから支持を受けています。


商品紹介

1050 10号帆布



蝋引き(パラフィン加工)された10号帆布。使い続ける事で生地にくたっていき、味のある経年変化が楽しめます。

カラーバリエーションも豊富。


1200 綿帆布2号 糊付加工



元々は工場のベルト用途などに使用していたらしいです。インパクト大の2号帆布。

2号帆布でカラー展開されているものはかなり珍しいと思います。

特殊な染色機械を使用し、厚手生地でも糸の芯までしっかりと染色してあります。


綿帆布11号 糊付加工




綿帆布11号に糊付加工を施しハリとコシ感がある綿帆布。。帆布では一番薄い素材の定番でカラーバリエーションも豊富。

直接染料で染色しているため、ワッシャー加工でヴィンテージ感を表現できる素材です。全50色のカラーバリエーションも魅力です。



まとめ

いかがだったでしょうか。

富士金梅®の生地は随時更新中です。

その他の富士金梅®の生地に関してはこちらを御覧ください。




2人の方がこのレビューが参考になったとレポートしました
プロフィール
生地や副資材のトレンド情報を収集し、みなさまにお届けいたします。
本ページはApparelXブログ™の機能によって公開されています。